お金の専門家ファイナンシャルプランナーに無料相談できます!

ファイナンシャルプランナーの資格って何があるの? 種類や受検について紹介

カテゴリー

ファイナンシャルプランナーの業務をする上でFP資格は必須のものではありません。

今回のポイント
1.FP資格はAFP資格とCFP®資格、FP技能士(1~3級)の5種類
2. FP技能検定は国家認定資格
3. AFP資格とCFP®資格は世界的に有効国を広げている

ファイナンシャルプランナーの資格と検定の種類

ファイナンシャルプランナーとしての力量を測る目安として、ファイナンシャルプランナーとしての実績や信頼を示すものとして、現在一般的に取得することが出来る資格や検定には、「NPO法人 日本FP協会」が認定する「AFP資格」「CFP®資格」(上級資格)、国家認定資格であるFP技能士(1~3級)があります。

日本FP協会では、AFP資格の認定要件としてAFP認定研修の修了と2級FP技能検定の合格を必須としています。

※AFP認定研修は2級FP技能検定の受検前に受講・修了することができます。

日本FP協会が認定するFP資格は、AFP(アフィリエイテッド ファイナンシャル プランナー)資格と、上級資格であるCFP®(サーティファイド ファイナンシャル プランナー®)資格があります。

日本の国家資格であるファイナンシャル・プランニング(FP)技能士は1級から3級まであり、3級<2級<1級と難易度が高くなり、取得者数も減っていきます。

FP技能士の2級とAFP資格、1級とCFP®資格が同程度の知識を持っている資格とされています。

FPとしての力量が測れる国家検定「FP技能検定」

技能検定とは、働くうえで身につける、または必要とされる技能の習得レベルを評価する国家検定制度で、キャリアコンサルティング、知的財産管理、レストランサービスやファイナンシャル・プランニングなど全部で128職種の試験があります。試験に合格すると合格証書が交付され、「技能士」を名乗ることができます

引用元:厚生労働省HPより

FP技能検定には、1級、2級、3級FP技能検定の3つの等級があります。

資格を取得するための試験にはそれぞれに学科試験と実技試験があります。

資格取得のための指定試験機関は、日本FP協会と金融財政事情研究会の2つで、日本FP協会では、2級、3級のFP技能検定の学科試験と実技試験(資産設計提案業務)、1級の実技試験(資産設計提案業務)の受験をすることが可能です。

また、試験は、顧客の収入・支出、資産・負債、保障(内容)などのデータを収集し、現状を分析したうえで、顧客のライフプラン上の目標を達成するため、貯蓄、投資、保険、年金、税金、不動産、相続などについて、長期的かつ総合的な視点でさまざまなアドバイスや資産設計を行い、併せてその実行を援助するための知識が問われます。

学科および実技試験に合格すると等級ごとにFP技能士(例:2級FP技能士)を名乗ることができます。なお、2級FP技能検定は、AFP資格審査試験を兼ねています。

実技試験を受ける注意点としてFP技能検定を実施している団体は2団体あり、各試験実施団体によって実技試験科目が違います。実技科目は複数種類あるうち選択することが出来るため実施している団体でないとその業務内容のものでの受験をすることは出来ません。

 3級FP技能検定2級FP技能検定1級FP技能検定
必要な試験3級FP技能検定2級FP技能検定 兼 AFP資格審査試験1級FP技能検定  
受検資格などFP業務に従事している者または従事しようとしている者以下のいずれかに該当 AFP認定研修の受講修了者 3級FP技能検定合格者 FP実務経験2年以上  学科試験の場合 ・2級技能検定合格者で、FP業務に関し1年以上の実務経験を有する者 ・FP業務に関し5年以上の実務経験を有する者 ・厚生労働省認定金融渉外技能審査2級の合格者で、1年以上の実務経験を有する者   実技試験の場合 CFP®認定者 CFP®資格審査試験の合格者 1級FP技能検定学科試験のみ合格 1級FP技能士 「FP養成コース」修了+実務経験1年以上
試験実施機関日本FP協会 金融財政事情研究会 ※学科試験問題は同一内容  日本FP協会 金融財政事情研究会 ※学科試験問題は同一内容  日本FP協会 金融財政事情研究会  

※「FP技能士」は「ファイナンシャル・プランニング技能士」、「FP技能検定」は「ファイナンシャル・プランニング技能検定」のことをいいます。

セミナー

AFP資格について

2級FP技能検定の合格とAFP認定研修の修了といった要件を満たし、日本FP協会へ登録することで、付与される日本FP協会独自の認定資格です。2年ごとの資格更新に所定の継続教育が義務付けられており、常に知識とスキルの向上を行っています。

AFP認定者は、基本的なインタビュー技術、提案書の作成技術、プラン実行援助のためのさまざまな知識を有しています。

日本全体では約16万人(2020年2月調べ)※が活躍しています。

「日本FP協会」調べ

AFP資格の認定を受けるためには

・AFP認定研修の受講修了

・2級FP技能検定に合格

上記条件を両方満たすことが出来ればAFP資格を取得したことになります。

そのためAFP資格を取得するためには2級FP技能検定を受検する必要があります。

受検をするためには以下のいずれかに該当する必要があります。

・AFP認定研修の受講修了者

・3級FP技能検定合格者

・FP実務経験2年以上

ライフプラン

CFP®資格(上級資格)について

北米、アジア、ヨーロッパ、オセアニアを中心に世界25カ国・地域(2020年8月調べ)※で認められた世界水準のファイナンシャル・プランニング・サービスを提供できる、プロフェッショナルであることを証明する資格です。CFP®資格はAFP資格と同様に日本FP協会の認定資格です。CFP®資格はAFP資格と比べより難度が高い資格になります。

AFP資格と同様に2年ごとの資格更新に所定の継続教育が義務付けられています。

国際CFP®組織FPSBとのライセンス契約の下に日本FP協会が認定しており、約2.2万人(2020年2月調べ)※が日本全国で活躍しています。

「日本FP協会」調べ

CFP®資格の認定を受けるためには

・AFP認定者

・CFP®資格審査試験に合格

・CFP®エントリー研修修了

・一定の実務経験

以上の条件をすべて満たす必要があるため資格認定までのハードルが高い試験と言えます。

受検するためには以下のいずれかに該当する必要があります。

・AFP認定者

・協会指定大学院の所定課程修了

保険契約

世界が認めるFPの頂点「CFP®資格を導入している国と地域」

CFP®資格は1992年、日本FP協会とCFPボード(米国)との業務提携に基づき、わが国へ導入されたプロフェッショナルFPの証です。

2004年にはCFP®資格の一層のクオリティー向上と普及を目的に国際CFP®組織FPSB(Financial Planning Standards Board Ltd.)が設立され、2020年8月現在、北米、アジア、ヨーロッパ、オセアニアを中心に世界25カ国・地域でCFP®資格が導入されています。

世界地図

今回のまとめ

今回はファイナンシャルプランナーの資格と資格取得に必要な試験について紹介させていただきました。

今回紹介しましたFP技能士の1級と2級は受験までのハードルもあり合格率が低いため、「ちょっととってみようかな」という方にはオススメ出来ませんが、3級FP技能士は難易度が低く勉強していけば実務経験が無くても合格することが出来る難易度の資格になります。

ファイナンシャルプランナーやそれに関係した知識を身に付けたいといった方はまずは3級FP技能士の取得を目指してみてはいかがでしょうか。

お問合せ