お金の専門家ファイナンシャルプランナーに無料相談できます!

【相続について】相続でトラブルに合わないために知っておきたいこと

カテゴリー

もしあなたが亡くなった時、所有している資産をどうするか考えたことはありますか?

「相続」はいずれ必ずしなければならない手続きです。

相続をするのが自分になるのか、自分の身の回りの人たちになるのかは分かりませんが必ず関わってきてしまいます。

ファイナンシャルプランナー(FP)に相談できる分野には「相続・事業承継」があります。

FPに相続に関して相談出来ますので、これから相続について考える方は、相談することを考えてみるのもいいかもしれません。

ですが相談の前に、相続について知っておくことは悪い事ではありません。

今回は相続にあたって準備しておきたいことや心構えについて紹介していきたいと思います。

今回のポイント
1.遺言書が相続先の決定権が一番強い
2.場合によっては遺言書の内容を覆すことも出来る
3.残される家族の負担を減らすためにエンディングノートを書きましょう

相続について

財産があるならばどんな金額でも、負債があれば負債額が資産額を上回っても、人が亡くなるとその人が所有していた財産と負債の相続が発生します。

相続はあなたが所有している財産を誰に権利帰属させるのかを決める必要があります。

この決定は3ヶ月以内にその資産を相続(単純相続・限定相続・相続放棄)するのかしないのかを、さらに10ヶ月以内に相続税も含めた遺産分割協議書の提出が求められます。

締め切りが決められているため、時間が足りずに慌ててしまうこともしばしばです。

財産相続は、亡くなった全ての方に起こる手続きです。

法定相続人という言葉を聞いたことはありますか?

法定相続人とは、民法で定められた相続人のことをいいます

相続には、民法によって定められた相続順位があります。

相続人は妻、子供、親戚、それ以外の誰かと誰にでもなる可能性がありますが、相続先を決定する方法があります。

ここでは誰に相続する権利が発生するかというのは解説いたしませんが、相続先を決定するための方法を紹介していきたいと思います。

相続先を決定するためには

上述しましたが、相続の権利は誰にでも発生します。

その相続先を決定するにも優先順位があります。

相続先を親族で話し合って決定することもありますが、これに優先されるものが「遺言」です。

遺言が重要視される理由は、遺産分割には故人の遺志や思いが最優先されるためです。

この遺言を利用した遺産分割を「指定分割」と言います。

被相続人(亡くなった故人)が財産の分け方を決める方法です。

遺言による指定分割は、「法定相続分」より優先されます。

「法定相続分」とは民法に定められた相続割合のことをいいます。

そのため、ご家族(妻・子供・親族)がいても故人の遺言による遺志が最優先されます。

人によっては、指定によりもらえなくなるケースもあるかと思います。

そんな時は「遺留分損害額請求」という一定割合がもらえる権利を行使できる手段もあります。

遺言書

遺言書が無い場合は?

故人が遺言書で相続先を指定することは優先されることはわかりましたが、すべての方が遺言書を残している訳ではありません。

その場合は共同相続人間の協議によりで分割する「協議分割」が行われます。

遺言書が無い場合は、この方法により分割されます。

上述したように、遺言による指定分割は最優先されます。

しかし、遺言が存在している場合でも、遺言と異なる決定をすることが出来ます。

それは全ての共同相続人の合意を得た「協議分割」です。

この場合は指定分割より協議分割が優先される事になります。

では、この協議で決定することが出来なかった、あるいは遺言もない場合で相続争いが起きてしまった場合の対応はどうすればいいのでしょうか。

遺言分割協議書

順番を守って家庭裁判所で相続先の決定

その場合に使用されるのが「家庭裁判所」です。

しかし、家庭裁判所による審判はすぐには出来ません。

家庭裁判所では「裁判官調停委員」2名が当事者間の話合いに参加して調停という方法を取ります。

裁判所でいきなり審判とはなりません。

これを「調停前置主義」と言います。

この調停前置主義による調停でも決まらない場合に、最後の手段として審判分割が行われます。

ここまで来た場合は家庭裁判所が分割方法を決定します。

審判で決定したら、必ず全て相続人は従わなくてはなりません。

ファイナンシャルプランナーとエンディングノート

このように遺産の分割は優先準備があります。

これら相続権にまつわるトラブルが自分の死後に怒ってしまうかもしれない。

そんなトラブルを予防するためにも遺言書を用意することも大事ですが、あなたの考えや希望、生い立ち、相続に関する様々な情報まで整理するためにもエンディングノートを書いてみてはいかがでしょうか。

親族表
エンディングノート エンディングノートとは、高齢者が人生の終末期に迎える死に備えて自身の希望を書き留めておくノート。自身が死亡したときや、判断力・意思疎通能力の喪失を伴う病気にかかったときに希望する内容を記す。法的効力を有する性格の文書である遺言とは異なり、存命中や死後の家族の負担を減らすことを目的としている。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

上記のようにエンディングノートとは遺言のような決定力はありませんが、後に残されるご家族の負担を軽減することが出来る道具の一つです。

しかしいざ書こうとしても何を書けばいいのか分からないと思います。

そんな時はFPに相談してみてください。

FPは、お金の疑問や不安や問題解決のためにアドバイスをするのがお仕事です。

そんなFPは「相続」に関することも「相談できる6分野」の一つとして相談できます。

「今困っていないから」と何も用意していない方や相談する先が分からない方も多くいます。

後のトラブルを予防するためにも一度相談をしてエンディングノートを書いてみてはいかがでしょうか?

事前準備や整理をする事で相続のハードルを下げる事ができます。

必ずいつかは寿命が訪れますが、それがいつになるのかは分かりません。

その前に準備をしておくことでご家族の不和の元を取り除くことが出来ます。

残念なことにその備えが無く、相続人による協議が始まるケースが多いようです。

さらに悪化して司法書士や弁護士事務所に相談するケースが後を絶ちません。

FPはお金に関する相談が仕事のプロです。

もちろん相続や事業承継に関しても相談に乗ります。

相談に乗ってくれるパートナーを見つけて、憂いのない人生にしましょう。

お金の相談や不安がありましたら、FPにぜひご相談ください。

終活

今回のまとめ

今回は相続にあたって準備しておきたいことや心構えについてについて紹介させていただきました。

相続というのはいつか必ず起こるものです。

その相続をめぐって残される家族の間に不和が発生することはだれも望んではいないでしょう。

この不和を防ぐためにも事前の準備は大切です。

昨今、「終活」という死後に向けての準備をする言葉もTVなどで聞くようになりました。

病気や事故などはいつ降りかかってくるか分かったものではありません。

遺言書やエンディングノートなどの準備は大事なものです。

準備にはどうすればいいのか分からないという場合はファイナンシャルプランナーにご相談ください。

FPは保険や不動産だけではなく、相続に関しても相談に乗ってくれる事務所があります。

どこに相談すればいいのか分からない時は「お金の先生」にお任せください。

全国の独立系FPと提携しておりますので、FPをご紹介させていただきます。

お問合せ