お金の専門家ファイナンシャルプランナーに無料相談できます!

火災保険の保険料ってどうやって決まるの?平均相場ってあるの?

カテゴリー

火災保険についてどのような範囲まで補償をしてくれるのか、メリット・デメリットについて前回の記事で紹介させていただきました。

この火災保険は家を購入する時に住宅ローンを組む際に必ず加入します。

ローンを組まなくとも万が一に備えて加入を検討することでしょう。

多くの人が加入する火災保険ですが、保険料についてはどの様になっているのでしょうか

今回は、火災保険の保険料について紹介したいと思います。

今回のポイント
1.火災保険は火事だけではなく地震以外の様々な被害でも補償してくれる
2.補償内容や特約が増えれば保険料が高くなる
3.保険料決定の仕組みを理解して、保険料が安い契約を結ぼう

火災保険とは

住宅にかける火災保険は、火災による損害を補償してくれる保険です。

さらに補償対象は「火災」だけではなく、「落雷」「風災」「水災」「水漏れ」「外部からの飛来物による被害」「盗難被害」も補償を受けることが出来ます。

ただし、災害の中でも「地震」だけは“地震保険”に加入する必要があります。

火災保険の補償対象は下記の記事で詳しく解説していますので、参考にしてみてください。

火災保険とは《台風被害での水害・落雷・強風》に備える保険

火災保険に加入した方が良い理由

火災保険に加入すると、自身が原因による火事だけではなく、他人の家から出火して、その火が燃え移ってしまった場合でも補償を受けることが出来ます。

自分に原因が無い出火は避けようがありません。

これが放火や寝たばこなどの重過失・故意が認められた場合は損害賠償の請求が出来ます。

しかし「失火法」と呼ばれる法律により出火原因が重過失や故意でない場合は、自身の家に燃え移って火事になったとしても損害賠償の請求が出来ません。

このような火事の補償は、自身が加入する火災保険による保険金しかありません。

もし、火災保険に未加入だった場合は、保険金や賠償金などの補償が貰えずに、住む家を失うことになります。

火災

火災保険の相場について

火災保険はもしもの時の為に事前にお金を積み立てて運用し、火事などに見舞われた時の補償を受け取る物です。

そのため月々いくらか支払わらなければいけません。

しかし、知識が無ければそれが高いのか、安いのかわかりません。

実は、火災保険に明確な相場はありません。

地域や建物の種類、補償内容などにより価格が変わってくるため、平均をとることが難しいのです。

そのため10年契約の保険でも2〜20万円ほどの開きがあります。

平均的な保険料は下記のようになります。

・H構造の木造で年間25,000円〜30,000円

・T構造の鉄骨で年間12,000円〜16,000円

・M構造のマンションで年間8,000円〜11,000円

これらの補償内容は水害なども含めたものなので、それら特約を外すと値段が下がります。

では、これら保険料はどうやって決めているのでしょうか?

貯金箱

保険料の決め方について

保険料を決めるためにいくつか基準があります。

保険の対象となる建物の構造、面積、地域、補償内容、特約内容、補償金額、保証期間などの組み合わせにより保険料が変わってきます。

対象の建物構造とは?

保険料は前述したように、建物の構造でも変わります。

住宅の構造は

・木造で作られたH構造

・鉄骨や鉄筋コンクリート造で作られたT構造

・マンションなどのM構造

これら三種類に分けることが出来ます。

また、木造建築の場合でも耐火仕様ならばT構造に分類されます。

保険料の高さは、

高い H構造>T構造>M構造 安い

このようになっていてH構造高く、M構造の方が安くなります。

その理由は、「火事になり易い」建物ほど保険料が高くなるためです。

そのため一番燃えやすい木造建築が、一番保険料が高いということになるのです。

骨組み

建物の床面積について

建物の床面積も保険料に関わってきます。

床面積が大きいと補償しなければならない範囲が広がるため、保険料が高くなります。

地域について

地域によって遭いやすい災害は変わってきます。

その災害リスクを計算して、その地域で頻発する物ほど保険料が高めに設定されています。

台風による被害が多い九州や沖縄などは、水災や風災の保険料が高くなります。

地震保険も同様で、断層がある地域、東海地方などは大きな断層があるため保険料が高くなっています。

補償内容について

火災保険は、上述したように地震以外の様々な被害に対して保証してくれます。

災害だけでなく盗難までカバーしてくれますが、補償範囲を広げるとその分保険料が高くなります。

これらの火事以外の補償内容は補償外にすることも出来るため、いらないと考えたら外すことで保険料を安くすることも出来ます。

特約内容について

火災保険は、個人賠償責任保険や類焼損害補償特約などの各種特約を付帯することができます。

もちろん、特約を増やすと保険料が高くなります。

保険期間について

保険が適用される期間を長くした場合、その分保険料の支払額が増えます。

しかし細かく契約するよりも、期間をまとめた方が割引されて安くなります。

そのため住む期間等が分かっている場合やマイホームの購入する場合には出来るだけ長い期間で契約すると割引されるでしょう。

保険金の限度額について

保険というのは保険会社が支払う保険金が高い契約程、保険料が高くなります。

この保険料の限度額は火災保険の場合、建物の「再調達価格」と呼ばれる目安によって変わります。

再調達価格は、何らかの原因により住居が無くなってしまった場合に、もう一度建物を建築する場合にかかる金額ですが、年々再調達価格は減っていきます。

設計図

住宅の火災保険を安くするには

必要ない補償や特約をよく考えて外すことで保険料が安くなります。

上述したように何らかの補償や特典を増やすと保険料が高くなるので、これらを制限することで保険料を安くすることが出来ます。

例えば、「ハザードマップで確認した際に洪水の危険性が低い、近くに川もない」というように、水害に遭う可能性が低ければ水害用の補償は外してもいいでしょう。

個人賠償責任保険も、自動車保険で加入しているならばどちらか一つで十分です。

保険期間を最長にすれば、年数を刻んだ契約よりも年間での保険料が総合的に安くなります。

保険会社の選択について

火災保険にも複数の会社や代理店があります。

そのため、それぞれの会社の特徴があるためよく比較検討しなければなりません。

代理店での契約は保険料が高くなりますがどの様な保険内容にすればいいか相談に乗ってくれます。

ネットでの契約は保険料が安くなりますが相談相手がいないため契約内容を吟味しなければいけません。

知識が無い状態で比較検討するのは難しいと思います。

そんな時はFPにご相談ください。

FPは保険についても相談出来ますし、抱えている問題の解決方法を保険以外の視点から提案できる可能性があります。

ファイナンシャルプランナー

今回のまとめ

今回は火災保険の保険料について紹介させていただきました。

火災保険は家を持つなら万一の際に備えていた方がいい保険です。

もし火事や床上浸水に遭った場合に、入っていない場合は次の住居を用意することが困難な状況になってしまいます。

上手な契約内容なら月々の保険料も減らすことが出来ますので、比較検討をして加入を決めましょう。

お問合せ